これって自分の口臭なんだ!と驚いた瞬間

新型コロナウィルスの流行でマスクをすることが日常的になった今日この頃ですが、夕方になると決まって「…なんかくさい」と思うことが多くなりました。夕方の仕事を行っている時間にそう思うことが多いと気がついて周囲を見渡しても誰もいないので3日ほどそのようなことが続いて「自分かも」と思うようになりました。よくよく思い起こして考えてみるとおやつを食べて夕方の時間帯が気になることが多いです。
口臭の原因はおやつが原因かもしれないということがわかったので、おやつを食べた後はハミガキをするようにしました。そうすると夕方のくさいにおいがしなくなったので、おやつを食べた後にはハミガキを行うことを心がけるようになりました。でも、月末締めとか忙しかったらなかなかそんなはみがきする時間なんて作れないしな-だったら、おやつを食べなかったらすむことかもしれませんね。でもそうすると仕事の効率がさがってしまうわ。よく考えてみるとおやつをたべるのは新型コロナウィルスの流行する前からの習慣だったので、マスクをするようになって自分の口臭のくささに気がつくようになったので周囲に迷惑をかけなくなってよかったのかもしれません。
ある日、おやつを食べていなくても口臭があることに気がついた私、くさいにおいに一回気がつくと習慣的に気にするようになりました。なので、くさいなと思ったときは定期的に口をすすぐようにしました。すると、一時的ですがくさいにおいがしなくなったことに気がつきました。なるほど。口の中が乾いていると雑菌が繁殖してくさいにおいにつながってしまうので、乾燥しやすい季節はマスクをしていても乾燥するので洗い流すように口をすすぐことがくさいにおいを防げてよいかもしれませんね。
歯医者への通院を定期的に行っていましたが、新型コロナウィルスの流行で歯医者の通院を遠慮するようになってお口の中の健康状態が悪くなってしまったのも原因の一つかもしれません。歯医者の通院も適度に行うようにしないと、口臭のくささに気がつきながら何もしなかったら歯周病で歯がボロボロに鳴ってしまうかもしれません。マスクのおかげで、新型コロナウィルスの流行のおかげで自分の口臭のくささに気がつくことができたこと、歯医者への通院は定期定期に行うように心がけないといけないことにきがつくことができたので自分の体のことを考えるきっかけができて、よかったかもしれません。それ以来は口臭サプリのベルセンスを使って対策しています。