ストップ!!

着る人のいない和服を処分するとき、一番気になるのは買取価格でしょう。
貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。
しかし中古品といっても和服の場合は、素材や種類、状態、作家物など様々な要因で価値を判断するので、例を挙げるのが困難な商品です。もしまったく同じものがあったとしたら、サイズが大きいもの(直せるもの)のほうが高くなるでしょう。価値をきちんと鑑定するのがエキスパート店ですから、そういうところに見てもらうのが高値売却のコツだと思います。
実際に着物を買い取りに出すときは必ず査定をしますが、そこで証紙を一緒に見せられるようにしてください。ここでいう証紙とは、そもそもの織り元や織物工業組合などから産地の基準に適合していることを証明として発行された登録商標のしるしです。
この証紙を捨てる方やきちんと保管していない方もいますが付加価値と言うより、買取に必要な書類の一つですので、査定のときには揃えておいてください。
手持ちの着物を売りたいとき、誰もが何とかしたいと思うのは着物の価値を正しく評価した鑑定額かではないでしょうか。
相場はどのくらいか、気になりますが相場はあってないようなものです。品質をはじめ、収納状態、丈や裄などのサイズによって、その一枚の買取価格が決まります。
エキスパート店に持ち込んで、プロの目を通すのが一番妥当な方法です。たいていのお店では無料査定を受けられますので電話かメールで、査定の予約をとってみましょう。
数ある着物買取業者の中でも、テレビCMでもおなじみの「スピード買取.jp」は、査定員の多さと迅速丁寧な対応が喜ばれています。専用の無料ダイヤルで電話代を気にせず問合せ・相談できますし、24時間・年中無休で受け付けているので、暇を見ていつでも電話できます。
もちろん携帯電話やスマホからかけてもOKです。
無料訪問鑑定以外にも、宅配や持込に対応しており、顧客満足度が高いというのもナルホドと思いました。
価値ある着物といえば、有名作家が色柄や織りに携わったものですが、買取で常に価値があるのは織り、染めなどが有名な産地の品です。たとえば大島紬、本場黄八丈のような着物好きの方なら、その特長をよく知っている有名ブランドであればファンが多いので、高く買い取ってもらえることが多いようです。
保管状態が良くないと価値が出ませんし、産地や生産者の証紙がないとブランドを保証できないことは着物買取の常識です。近頃は街中にも中古和服を扱う店が出店したりして、着物の買取を行う業者がとても多くなりました。
ネットで調べると多数のサイトがヒットしますが、利用する上で注意しなければいけないのは、本当は営業実態がなくて、着物を騙し取ったり、貴金属との抱合せで押し買いするなどの詐欺まがいの営業をして問題になっているところもないわけではありません。
近頃はインターネットが普及したことにより、かつてはわからなかったような情報もうろ覚えの記憶を頼りに検索し、入手できます。
しかし、何にでも言えることかもしれませんが、品物と金銭のやり取りがある和服買取の場合は、業者のサイトを見るだけでなく、ネットでの評判も確認し、良いと思ったところの中から、かならず複数社に査定してもらうようにしましょう。
単独査定だと高いか安いかわかりませんし、手間や時間がかかることは仕方ないです。着物買取業者はトータルで売ることを考えているので、着物や浴衣のみならず、各種和装小物も買い取るところが多いのです。
ですから、着物と小物をまとめて買い取ってもらえばいろいろな品を仕入れることができるのでトータルで高い値段をつけるという話もよく聞きます。
たとえ着物に合っていなくても、使っていない小物やかんざし類があれば処分も兼ねて、着物や浴衣と一緒に0円宅配査定をありがたく利用させてもらうと不要品の処分と、買取が同時にできます。
もう着ないかなとか、いつか着るかもと思いながら手元に置いている着物は誰にでもあり、着物や浴衣を買い取ってもらえないかなと思う方もどこかで聞いたことがあるでしょう。着物の種類でいうと、どんな着物や浴衣がよく売れるのかと誰でも疑問に思うでしょうが、どこの地域でも変わらず、訪問着がもっとも高値をつけられます。
幅広い年齢層からの需要があるのは訪問着で、未婚でも既婚でも着られる場面が多いからです。着ることがない訪問着をお持ちの方、査定だけでも受けてみることをおすすめします。祖母の遺品整理もだいぶ進んできたのですが、その中には形見分けできない着物は相当の枚数でした。着物の買取専門業者があると聞き、調べてみたところ電話でのやりとりだけで無料で買取用の車を出すところも何軒かあると知りました。
整理して箱詰めするのも大変な量で、一人でお店に持ち込むのは絶対無理、と泣きそうになっていたので、それも感謝しなければなりません。