ロングとショートを正しく理解しよう|FX基本

システムトレードと言われるものは、株式やFXにおける自動売買取引のことで、売買開
始前に決まりを作っておき、それの通りにオートマチックに「買いと売り」を行なうとい
う取引です。
MT4は世界各国で圧倒的に多くの人に活用されているFX自動売買ツールだという実情
もあり、自動売買プログラムのタイプが諸々提供されているのも特徴だと言えます。
チャートの変化を分析して、いつ「売り・買い」すべきかを決定することをテクニカル分
析と呼ぶのですが、これさえ可能になったら、売買すべきタイミングを外すようなことも
減少すると思います。
今日では、どのFX会社も売買手数料は掛からないことになっていますが、その一方でス
プレッドがあり、そのスプレッドというものが現実上のFX会社の利益ということになり
ます。
デモトレードと称されているのは、仮想の通貨でトレードの経験をすることを言うのです
。100万円というような、ご自分で決めた仮想のお金が入ったデモ口座を持てますので
、実際のトレードと同一環境で練習することができます。

売買する際の金額に少しばかりの差を設定するスプレッドは、FX会社は言うまでもなく
銀行においても異なる呼び名で導入されているのです。しかも信じられないことに、その
手数料たるやFX会社の200倍前後というところがかなり見られます。
日本の銀行より海外の銀行の金利が高いということがあるので、スワップ金利が付与され
ることになっているのです。海外のスワップ金利と日本のスワップ金利の差が、FXをす
る時に獲得するスワップ金利なのです。
FXで言うところのポジションとは、それなりの証拠金を入金して、NZドル/円などの
通貨ペアを売ったり買ったりすることを意味するのです。なお外貨預金にはポジションと
いう概念はありません。
「デモトレードをやったところで、実際にお金がかかっていないので、心理面での経験を
積むことは無理だ!」、「ご自分のお金を使ってこそ、初めて経験が積めるわけだ!」と
おっしゃる方も結構いらっしゃいます。
スイングトレードで収益を出すには相応の進め方があるのですが、それにつきましてもス
イングトレードの基本が備わっていての話です。取り敢えずスイングトレードの基本をマ
スターしましょう。

スワップポイントにつきましては、ポジションを保った日数分付与されます。毎日定めら
れている時間にポジションを保有したままだと、その時間にスワップポイントが加算され
るというわけです。
スキャルピングの展開方法はたくさんありますが、どれもファンダメンタルズに関しまし
ては度外視して、テクニカル指標のみを利用しているのです。
「仕事の関係で連日チャートを確かめるなんて無理だ」、「為替に影響を齎す経済指標な
どを即座に確認できない」と思っている方でも、スイングトレードのやり方ならそんなこ
とをする必要もないのです。
スイングトレードに関しましては、売買をする当日のトレンドにかかっている短期売買と
は違い、「これまで相場がどの様な動向を示してきたか?」といった分析が肝になるトレ
ード方法になります。
FX取引は、「ポジションを建てる~決済する」の反復なのです。容易なことのように考
えるかもしれませんが、ポジションを建てるタイミングであるとか決済を実行するタイミ
ングは、すごく難しいはずです。

海外FXのXMを徹底調査してみた。「【海外FX経験3年】XMひと筋の筆者が実際に感じたメリット・デメリット」をご覧下さい