ローン地獄に陥った20代の私

私は現在48歳になりますが、20代の頃お金がなくて困った事が有りました。
その頃、昼にペットショップで働いていましたが、一人暮らしを始めて、家賃が4万6千円のワンルームのマンションに引っ越しました。
ペットショップの給料だけでは生活がしていけず、夜はスナックでアルバイトしていました。
給料は時給1200円と良かったのですが、お酒も飲まないといけないし、ママさんとの付き合いで深夜食事に行ったり、次の日はいつも二日酔いでした。
深夜の2時頃まで働いていましたので、睡眠も取れずもう限界だったので、スナックのアルバイトは辞めました。
それから、次のアルバイトを探し、ファミリーレストランの求人が有りまして、スナックよりは給料は少ないですが、面接に行きまして夜7時から深夜の12時までアルバイトしました。
その頃、車も持ってなかったので、行きはバスで通えたのですが、帰りはバスも無くアルバイト先の方に送ってもらいました。
なので、車をローンを組んで買う事にしまして、それから、マンションは家賃が高いので家賃の低いアパートに引っ越しました。
引っ越し貧乏になってしまい、悩んだ末、実家に戻る事にしました。
初めからそうすれば良かったのですが、また、引っ越しにお金がかかってしまい、車のローンと車の車検のローンも有りまして、後は、美顔器を買わされてしまい、ローン地獄でした。
お金が無かったので、3か所でアルバイトした時もありました。ローンを払い終わったのは4年後に美顔器のローンを払い終わった時です。
そんな時のことをこちらの>>お金に困った時の体験談をみて思い出しました。