開業届とともに試してみたいこと

会社を独立して自分のビジネスを始めようと思った時、欠かせないのがサイトを持つことでしょう。
特に最初は商品の販路も持っていないので、自分で自由にセールスをやっていける場所を持つことは喫緊の課題になるわけです。
そこで格安で持ててカスタマイズができるのがブログに代表されるような個人サイトです。
初期投資としては1万円未満程度で始めることも可能なので、まずはごくシンプルな状態で進めていくといいでしょう。実際に運用しながら改善したいところは後で直して、とにかく動き出すのが大事だと思います。
 
その上で重要になってくるのが、自分自身の銀行口座をどうやって記載するかです。商品を販売するにしても振り込んでもらうための口座が必要な場合が多いでしょう、Paypalなどのクレジットカード用システムもありますがいきなり使うのはハードルが高いと思います。
デモ口座を出すためには、自分の名前を乗せる必要があります。それは少し抵抗がある・・・という人もきっと多いと思います。そのために便利なのが、屋号を入れて作れる屋号付きの銀行口座です。
 
開業届を出した個人事業主やフリーランスなら、自由に商売のための屋号を持つことができます。※開業届を出したときでも、あとからでも可能です。
その屋号を使って口座を作れれば、何をしてる人かも伝えやすいし本名をいきなりネットに掲載する必要もありません。
代表的なところではジャパンネットやGMOあたりでしょうか、メガバンクでもいいですがネット銀行などのほうが審査が柔軟なところが多いようなのでまずはそちらから試すほうがラクなようです。
 
とは言いつつ自分もよくわかっていなかったので、実際はネット検索してでてきた記事を参考に作成しました。ジャパンネットならおまけのデビットカードもついてくるので是非試してみてもらえたらと思います。
個人事業主やフリーランスの屋号付き銀行口座はここがおすすめ!【2020年版】