風呂敷について

「ふろしき」とは、物を包んで持ち運べるようにした布のことです。少なくとも奈良時代から使われ続けてきたと言われています。生まれたのは日本だと言われていますね。ふろしきは漢字で書くと「風呂敷」と書きますが、風呂敷とお風呂は隣に関係するのでしょうか?その関係についてこれから説明していきたいと思います。
風呂敷の語源について紹介していきますね。風呂敷はその言葉にあるようにお風呂に入る際に使用されていました。しかし体を洗うためや拭くために使われていたのではありません。これが使われていたのは、体を拭くときにではありませんこれがつかわれていたのは、洗濯物等の洋服を家に持って帰る時です。家に持って帰るときに風呂敷に服をつつんでいたと言われています。
このことから、物を入れて持ち運ぶために使われ始めました。しかし明治時代になると、一気に西洋文化の波が押し寄せ、風呂敷の代わりにカバンが使われるようになっていきました。西洋文化のカバンによって風呂敷が使われなくなったのです。確かにカバンの方が便利ですよね。風呂敷だといずれはボロボロになってしまうでしょう。しかしながらいつでもポケットにしまえると言う大きなメリットですね。